史上最大のアップデート最新OS「ios10」は今秋リリース予定で10個の新機能

本日は、先月行われたアップルの世界開発者会議「WWDC 2016」で発表された情報をみなさんにしょうかいしていきます。

前回は、MacOSシエラについて紹介しましたが、今回は、iPhoneとipadのOSである「ios10」の10個の新機能について紹介していきます。

最新OS「ios10」は今秋リリース予定なのでそれまでにしっかりとどんな機能が追加されるのかなど把握しておくといいかもしれません。

史上最大のアップデートでios10はどう進化しているのか!?

 

アップルの公言した「史上最大のアップデート」でついにiosは「ios10」まできました。

WWDC2016の「ios10」のステージでは、新機能が10個紹介されました。

まず初めは「ユーザー体験」で、ios10ではロック画面のデザインが変わり、操作体系も進化します。

通知やウィジェットといった機能が使いやすくなります。

さらに今言ったことに関連するものでは「Siri」の進化がはじまります。今まではアップルの開発者だけでしたが、アップル以外の開発者も加わりアップル以外のアプリ《サードパーティーアプリ》とも連携が可能になります。

今後、音声操作でいろんなアプリが操作することができるようになるということです。

スポンサーリンク


 

ios10でiPhoneとiPadはどう進化するのか!?

 

3Dタッチの使えるシーンが広がる

新しいSkitchファイル6

iPhone6sから対応している「3Dタッチ」ですが、ios10では利用できるところも積極的に増える模様です。

ロック画面で通知を押し込むと画面を切り替えずにスケジュールの招待を受けたりメッセージに返信できたりといったことができます。

さらには、3Dタッチのアクションの1つピークが改良されショートカットだけでなくそのアプリの情報もプレビューできるようになります。動画などもプレビューできるようですね。これは便利^^

 

siriをサードパーティーに開放

先ほど少しお伝えしましたが、いままではサードパーティーにはsiriは解放されていませんでしたが、今回のios10から解放されさらなる進化が期待されます。

今後は、メッセージ、乗車予約、ワークアウト、決済、写真検索など多くのサポートをしてくれるようになります。しかし、まだまだ日本では未対応のものもあるので早く日本でも対応できるようにしてもらいたいですね。

 

写真アプリの検索機能が進化

新しいSkitchファイル8

以前のiPhoneに搭載されていた顔認識機能による「人々」がシーンやオブジェクトの解析までに対応した高度な検索機能として写真アプリに復活します。

ライブラリから日時や場所、人物、シーンなどによるさまざまな情報に応じ自動的に写真を分類してくれアルバムを作成するメモリーという項目が加わりました

 

マップの使い勝手が向上します

新しいSkitchファイル4

Quick typeで素早いテキスト入力

新しいSkitchファイル1

 

アップルミュージックが歌詞表示機能を搭載

アップルミュージックのサービスを提供してから1年でなんと1700万人のユーザーを獲得しました。

このアップルミュージックのデザインを一新し多くのユーザーが待ちに待っていた歌詞表示機能がついに追加されます。

 

「ホーム」アプリが追加される

新しいSkitchファイル5

絵文字を簡単に変換

新しいSkitchファイル3

メッセージアプリが進化

新しいSkitchファイル7

WWDC2016の動画はアップル公式サイトで確認することができます

「ios10」の機能をいち早く詳しく知りたい方はアップル公式サイトへ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ