引越し先の部屋選びで使える傾き計測アプリ【バブル水準器】

 

ども、テラです。

本日は、引越し時期などで不動産(部屋選び)で重宝するアプリ【バブル水準器(水平出し)】をご紹介していこうと思います。

9月や1、2、3月といえば引越しされる方も多い時期で、不動産屋さんは繁忙期になったりします。

9月は転勤など社会人の方が引越しされる方が多いですが、1、2、3月は、学生さんや新社会人の方たちが多い時期になります。

そんなとき大体の方が経験するのが部屋探しです。部屋選びでは慎重派のかたは細かい部分まで気になるかたもいるのではないでしょうか?その1つが借りる部屋の傾きとかって気になりませんか?

本日はそんなときに役立つ傾き計測アプリ《バブル水準器(水平出し)》を紹介していきます。

また、DIYで家具など作成したときなどにも使えますので是非参考にどうぞ^^

スポンサーリンク


部屋の傾きを計測できるアプリ《バブル水準器》

お部屋探しでかなり使えるアプリ《バブル水準器(水平出し)》を紹介していきます。

iPhoneに内蔵されたセンサーを利用した水準器アプリです。水準器とは、平面が水平であるかを調査するためのものになります。

例えば、設置したテレビやカメラ、そして先ほどからお伝えしている借りる部屋や購入した物件の床などの傾きを確認することができるようになります。

使い方は、非常に簡単です。下記の部分で紹介していきます。

円形水準器、x軸水準器、y軸水準器の3つが搭載されており、このおかげで精度の高い測定が可能になっています。

是非、部屋選びの際は、ビー玉とこのアプリバブル水準器で部屋選びをされてみてはいかがでしょうか?w

 

バブル水準器の紹介

簡単に傾いているか傾いていないかを出せるので是非使ってみてくださいね♪

トップ画面ですぐに計測できます。

水平の場合

引越し先の部屋選びで使える傾き計測アプリ【バブル水準器】

傾いている場合

引越し先の部屋選びで使える傾き計測アプリ【バブル水準器】 引越し先の部屋選びで使える傾き計測アプリ【バブル水準器】

水平なのかどうか測るときは、iPhoneの画面を真上にした状態で床などに置くことで計測することができます。
傾いていた場合は、2、3枚目の写真のようになりますのですぐに傾いていないか確認することができます。

まとめ

・水平出しを簡単に確認することができる

・傾いていた場合はすぐにわかる

・計測するときはiPhone画面を真上にする

以上が《引越し先の部屋選びで使える傾き計測アプリ【バブル水準器】》でした。

部屋探しやDIYなどのときは非常に便利なアプリなので是非活用されてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ