iPhone Safariの【最近閉じたタブ】を復活させる方法

 ども、テラです。

今回は、Appleののブラウザでもある【Safari】の最近閉じたタブを元に戻す方法を簡単に紹介していきたいと思います。

Safariブラウザで色々なページをみているとだんだんページ数が増えてしまい、ページが増えることにより重くなってしまう原因になります。そこで、そんなときは開いていたページ(タブ)を消していくと思いますが、ちょっとしたときに『さっき閉じたページ(タブ)もう一度みたいな』と思うときってあると思います。

しかし、あとの祭りでネット検索してももう一度みたかったページ(タブ)を開くことができません。 こういうことは一度はありませんか?

ただ実は、意外に知られていませんが、今閉じたタブをもう一度開く方法があります。

その方法を、今から紹介していきます。

スポンサーリンク


Safariで最近閉じたタブをもう一度開くことってできるんだ

 

あのタブをもう一度開きたいと思ったことはありませんか?

そうあの最近閉じたタブをもう一度ひらきましょう♪

ってことで、たまーにかもですが、一度や二度思ったことはあるあれです!

今までは、『あー、閉じちゃった』っとあきらめていたんですが、閉じたタブを復活させる方法が存在します。

これからは、いちいち再検索しなくて済むようになると思います。 やり方は、非常に簡単なので是非覚えてくださいね♪

では、【最近閉じたタブの再表示方法を】紹介していきますね^^ 合わせて、最近閉じたタブ一覧を削除する方法も紹介します。

 

スポンサーリンク


Safariで最近閉じたタブを再表示させる方法

1 Safariを起動させましょう

2 右下にあるタブボタンをタップしましょう

iPhone Safariの【最近閉じたタブ】を復活させる方法

3 +ボタンを長押ししましょう

iPhone Safariの【最近閉じたタブ】を復活させる方法

4 すると《最近閉じたタブが表示されます》

iPhone Safariの【最近閉じたタブ】を復活させる方法

Safariの最近閉じたタブを消去する方法

こちらも、非常に簡単で、最近閉じたタブの一覧は、《Safari》を終了すると同時にリセットされるようになっています。

終了させる方法は、

1 ホームボタンを2回連続でタップする

2 Safariを上にスワイプ(スライド)すれば OKです

ちなみに、Safariをとじたとしても開いているタブは残るので安心してください。(開いていますw)

 

最近閉じたタブをもう一度開くまとめ

・Safariで最近閉じたタブは復活させることができる

・最近閉じたタブの一覧はSafariを終了させれば削除できる

以上が【iPhone Safariの【最近閉じたタブ】を復活させる方法】でした。

お役に立てたら幸いです^^

 

スポンサーリンク

Safariのその他の記事

iPhone Safariの動作が重い?サクサク動くようにする方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ