iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】

どうもテラです。

今回は、Safariブラウザで閲覧や入力などの履歴が記録されないモードを使える方法を紹介していこうと思います。

仕事や家族などで共有している場合などに、通常のSafariの操作では、訪問したサイトや入力した文字列を記録し、Appleへフィードバックとして送信したり、訪問先のサイトにユーザー情報を読み取られている場合があります。

自分だけのiPhoneやMacだったとしても、友人、最近では子供などに見られる場合もあり、先ほど言った通常のSafari操作では自分以外の人に見られる可能性が高くなります。

そこで、今回は、自分だけ閲覧して履歴を残さない方法を紹介していきます。

スポンサーリンク


Safariブラウザで履歴を残さないウェブ閲覧方法

先ほども言いましたが、最近では、iPhoneだったとしても、友人や子供に貸す機会があったりして安心してウェブ閲覧をすることはできないようになります。

まぁ、人に見られたくないものを閲覧しなければいいわけですが、今の時代そういうわけにはいかず、なにかしら見られたくないものを閲覧することはあると思いますwそんな時に使えるのが、今回紹介する【履歴を残さないウェブ閲覧方法】です。

その方法はというと《プライベートウィンドウ》というものを利用します。この方法を利用することで、閲覧履歴や入力した文字データなどを残さずにSafariをブラウジングが可能になります。

スポンサーリンク


プライベートウィンドウの利用の仕方

iPhone編

通常のSafariブラウザ

iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】

右下の紙が重なったようなマークの部分をタップしましょう

iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】

プライベートをタップしましょう

iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】

+ボタンをタップし好きなウェブページを開きましょう

iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】

これで、iPhoneのSafariで履歴が残らずウェブを閲覧できるようになりました。

MacBook air編(Mac、MacBook全般)

iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】

通常のSafariでウェブを開いた状態です

iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】

左上のファイルで《新規プライベートウィンドウ》をクリック

iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】

これで、Mac全般でSafari検索の履歴が残らないようになりました。 好きなウェブページでネットサーフィンが楽しめます^^

Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法まとめ

・見られたくない履歴などがあれば《プライベートウィンドウ》を使う

以上が《iPhone Safariブラウザで履歴が一切残らない閲覧方法【便利ワザ】》でした。

いかがだったでしょうか?

お役に立てたら幸いです♪

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ