iPhoneが水没しても大丈夫?簡単に無料で復活させる方法と手順

 

どうも、テラです。

本日は、【iPhoneが水没しても大丈夫?簡単に復活させる方法と手順】をご紹介していきます。

トイレにどぼんっ。海、川でどぼんっ。まさかですが、お風呂でって方もいそうですね。スマホの時代になる前から、一度くらいはみなさんも経験があるんじゃないでしょうか?w

でも、水に浸かっちゃったけどなんだかんだ壊れなかったって方もいるみたいですね。ただし、そんなラッキーな人も実は少しずつ、少しずつ中で蝕まれていっているかもしれません。 とっておきのツール(身近な物)で復活させる事が可能なんです。

スポンサーリンク


もうiPhoneの水没なんか怖くない!復活の儀式

sumaho5

今回、水没したスマホを復活するための儀式を紹介していきます。 スマホが、水没すればみなさんはどんな危機がまっていますか?

友達、会社の同僚など多くの人と連絡がとれず、困り果てる事だ と思います。

また、復活させるため購入した店舗、アップルストアなどにもって いきますが、思わぬ出費にもなります。

保証が聞かなくなる、iPhone修理屋さんにお願いしても安くて、 【5000円以上】はとられます。

想像するだけでも怖い!

そんな身近な危機からあなたのスマホ救う方法を今回はお教えします。

スポンサーリンク


iPhoneを水没から救う具体的な方法

sumaho6

今回紹介する方法は、もちろん自分で復活する事ができる方法になります。 たったこれだけです。

では、早速。

1 水没した直後電源がついているならすぐさま電源を落とす。

2 タオルでくるみできるだけ水分を取り除く。

ここで、よく聞くのはドライヤーで乾かしたと言う事もききます。 間違ってはいないと思いますが、やはり中までは乾きにくい。

3【重要】iPhoneがすっぽり入る袋を用意し一緒に乾燥剤(大きめの)をいれる

以上がiPhoneを無料で復活させる手順と方法になります。 (あくまで1つの方法ですので必ず復活する物ではありません)

しかし、テラも一度この方法を使い復活することができました。 復活までかかった時間は、約2日(だいたい36時間ほどです)

注意点

sumaho3

もう一度いっておきますが、絶対に復活するというものではありません。 しかし、無料で簡単に復活させる儀式であることは間違いありません。

注意点は、絶対に「電源入るかな」と思ってすぐには入れない事。 なぜなら、もし電源が入ってしまった場合中でショートし絶対に復活 する事ができなくなるためです。

なのでこの方法の場合できれば乾燥剤と一緒にいれてから2日は待つべきです。

ほかの方法とそのツール

そして、最近発売されている便利な復活ツールが

ランドポート 水没スマートフォン復活ツール BHEESTIE (ビーズティー)

というツールです。 復活する原理は乾燥剤と同じみたいですね。

他には、水没したスマホをまた水没させてミネラルを取り除き 復活させるというツールも最近話題をよんでいましたね。

それが

Reviveaphone 【リバイバフォン】リペアキット

ですが、

Reviveaphone 【リバイバフォン】リペアキット

は、あまり評価が良くないみたいで、今後改良されたら いいツールになりそうです。

あくまで参考程度にしっておいても損は無いのではないでしょうか!?

今回のまとめ

sumaho2

メリット

・無料で簡単に直す事は可能 ・お金もかけずに直す事はできる

デメリット

・時間がかかる(2日以上) ・時間がない人には向いていない

以上が

iPhoneが水没しても大丈夫?簡単に無料で復活させる方法と手順です。

いかがだったでしょうか? 少しでもお役にたてたら幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ