【バッテリー節約技】iPhone7のバッテリーの持ちを良くする8つの方法

こんにちは。

今回は、iPhone7を使っていても最近買ったばかりなのにすぐにバッテリーが減るなと感じているあなたに試してほしい、バッテリー節約方法を紹介していきます。

紹介する方法ではアプリなど一切しようせず簡単に試すことができますので是非参考に。

スポンサーリンク


 

iPhone7のバッテリーを節約する8つの方法

それでは、早速iPhone7のバッテリーを節約する方法を紹介していきます。

節約するという方法も1つですが、モバイルバッテリーを使ってバッテリーの持ちを伸ばす方法もあるので頭に入れておきましょう。

 

【節約ワザ①】位置情報サービスをオフにする

位置情報サービスは、バッテリーの減りが早くなる原因の1つです。少し前に話題になった「ポケモンGO」のようなアプリであれば位置情報サービスは必要ですが、使っていないアプリの位置情報サービスはオフにするか使用中のみ許可するにしておくことでバッテリーを節約することが出来ます。

  1. 設定アプリ(歯車マーク)をひらきます

  2. 位置情報サービスを選択

  3. 位置情報サービスの設定を変更したいアプリを選択

  4. 許可しない又は使用中のみ許可に設定する

 

これで少しはバッテリーを節約することが可能になります。

 

スポンサーリンク


【節約ワザ②】低電力モードをオンにする

低電力モードとはiPhoneのバッテリーを長持ちさせる機能になります。この低電力モードを使用するとSiriやアプリのバッググラウンド更新などに制限がでてしまいますが、基本的にそこまで変わらずにiPhoneを使用することが出来ます。

  1. 設定アプリ(歯車アイコン)をひらきます

  2. バッテリーを選択

  3. 低電力モードをオンにする

 

【節約ワザ③】画面の明るさの自動調節機能をオフにする

画面の明るさの自動調節機能をオンにしていると、勝手に明るさが変わるので非常に便利ですが最大輝度になってしまう場合もあるのでバッテリーが思った以上に明るくなり減りやすくなってしまいます。なので、自動調節機能をオフにしておくことで節約することが可能になります。

  1. 設定アプリをひらきます

  2. 画面表示と明るさをタップ

  3. 明るさ自動調節をオフにする

 

【節約ワザ④】ナイトシフトモードを設定しておく

「ナイトシフト」モードとは、iPhone7の色調を暖色系の色に変えブルーライトをカットするというiPhoneの新機能になります。この機能をオンにすることで少しだけですがバッテリーを消費を抑えてくれるようになります。

  1. 設定アプリ(歯車アイコン)をひらく

  2. 画面表示と明るさをタップ

  3. 「Night Shift」をタップ

  4. 時間指定、手動で明日まで有効にする、すぐに手動で変更する方法の3つを選べます

 

ナイトシフトモードは、睡眠の質を上げる目的が本来はありますが、バッテリー節約にも役に立ってくれます。

 

【節約ワザ⑤】バックグラウンド更新を変更する

使っていないアプリがある場合は削除するか、このバックグラウンド更新をオフにすることでバッテリー消費を抑えることが出来ます。使っていないアプリが自動更新になっている場合は必ずオフにしておきましょう。

 

  1. 設定アプリをひらきます

  2. 一般へ

  3. Appのバッググラウンド更新を選択

  4. 不要なアプリの更新はオフにする

 

また、低電力モードをオンにしている場合は、このバッググラウンド更新はすべてオフになっています。

 

【節約ワザ⑥】iCloudキーチェーンを無効化にする

「iCloudキーチェーン」はネットワーク接続環境を使用している機能になります。通信機能を常に使用するためバッテリー消費が多くなります。バッテリー消費を抑えたい場合はオフにしておきましょう。ただし、不便だと感じた場合は同じ方法でオンにすることもできますので試してみてください。

 

  1. 設定アプリをひらきます

  2. iCloudへ

  3. キーチェーンへ

  4. iCloudキーチェーンをオフにする

 

【節約ワザ⑦】アプリの使用状況を確認する

あなたのiPhone7のバッテリー消費を抑えるには、今あなたがどのアプリをよく使っているのかを知ることも大切です。どのアプリにどれくらいバッテリーを使っているのかを知ることで外出時は控えようなどと考えることでバッテリーを節約することができるようになる。

 

  1. 設定アプリをひらきます

  2. バッテリーをタップ

  3. バッテリーなんのアプリや行動につかっているかがわかる

 

24時間と7日以内のバッテリー使用状況を知ることが出来ます。また、7日以内の右側にある時計マークをタップすると何時間使っているかなど詳細を知ることが出来ます。

 

【節約ワザ⑧】すべての設定をリセットする

これは、何をやっても消費が改善されない場合の最後の手段です。この「すべての設定をリセットする」は、ユーザーデータに影響はありませんが、今まで設定した(Wi-Fi 設定、画面の明るさ、位置情報の設定、パスコードロック、機能制限、アクセシビリティなど)が消えます。

消えないデータは、音楽データ、アプリ、連絡先です。

何をやっても消費が激しい場合だけにおすすめの方法です。これをやってしまうと再度設定し直すのが面倒なのでw

  1. 設定アプリをひらきます

  2. 一般へ

  3. リセットする

  4. すべての設定をリセットするを押す

 

iPhone7のバッテリーを節約する方法まとめ

iPhone7のバッテリー消費を抑えるには

  • アプリの使用状況を確認する
  • 位置情報サービスをオフにする
  • 低電力モードをオンにする
  • ナイトシフトモードを設定する
  • バッググラウンド更新の設定変更する
  • iCloudキーチェーン無効化する
  • 最後の手段で「すべての設定をリセットする」

以上がiPhone7でバッテリーの持ちを良くする方法です。是非試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ