iPhone6のカメラを使いこなす以外と知らないおすすめの4つの機能

 どうも、テラです。

今回は、iPhone6のカメラで以外にみんなが知らないおすすめの4つの機能をご紹介したいと思います。

普段、写真を撮るときはカメラアプリを使っているかもしれませんが、コレさえ知っておけば必要ないかもしれません。

本日紹介する内容は、【無音で写真を撮る方法】タテに長い写真を撮る方法】ビデオで超ズーム撮影をする方法】パノラマ撮影で動かす方向を変える方法】4つを解説していきます^^

お楽しみに♪

スポンサーリンク


   

動画撮影中に無音で写真撮影する方法

iPhone6の動画撮影には、実は途中で写真を撮る機能がついています。 みなさんしっていましたか? 僕はつい最近まで知りませんでした。

しかも、この写真撮影はシャッター音がなりません。w

よく無音カメラアプリをインストールされる方もいるかもしれませんが、そんなアプリこの方法さえ知っていれば不要になります。

ただし、必ず悪用禁止です。

1 iPhone6のカメラを起動します(ビデオ)

2 録画開始 このボタンをタップで無音で撮影できます

camera1

もう一度言っておきますが悪用禁止です。

 

パノラマ撮影でタテに長い写真を撮る方法

以外に知られていない4つの機能の2つ目はタテに撮る方法。 ここは以外に知らない人多いかもしれませんね。

1 iPhone6を横向きにしてタテに動かすだけw

camera

スカイツリーを近くからでもこれであれば撮影がきっとできますね♪

スポンサーリンク


パノラマ撮影で動かす方向を変える方法

通常、パノラマ撮影は本体から右から左へ動かします。 今回はこの逆の方向に撮影する方法を紹介します。   1 カメラ起動→パノラマの矢印をタップ camera 2 矢印が反対に向いたらOK camera3    

ビデオで超ズーム撮影する方法

この機能は、オートズーム機能といってカメラを近づけるだけで自動で作動します。 指でタップしなくてもいいんです。

暗い場合は、自動でなりにくい場合もあります。

なので、できれば明るいところでの撮影がいいです^^

 

iPhone6のカメラを使いこなす以外と知らない4つの機能[まとめ]

・無音で写真撮影が可能になる ・タテながい物を撮影する事が可能 ・パノラマを逆方向から撮影可能になる ・被写体を間近で撮影したときに自動でピントあわせてくれる

以上がiPhone6のカメラを使いこなす以外と知らない4つの機能でした。 お役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ