【iPhoneアップデート】ios9.3.2を再公開!!起こっている不具合まとめ 文鎮化って何!?

本日は、【iPhoneアップデート】ios9.3.2を再公開!!起こっている不具合まとめ 文鎮化って何!?について紹介しています。

ios9.3.2で起こっている不具合は、iPhoneに関してそこまで深刻なものはないように感じていましたが、Wi-Fi接続で問題が起きている人もいるようです。

また、大手メディアなどでios9.3.2で「文鎮化」というキーワードが使われわかりにくいという声も聞こえてきています。

今回は、ios9.3.2の不具合まとめを紹介し、文鎮化とはなにかについて紹介していきます。

スポンサーリンク


アップデートしても大丈夫!? ios9.3.2で起こっている不具合をまとめてみた

 

今回のios9.3.2は、不具合を修正するアップデートになります。

5月16日に一度「ios9.3.2」はリリースされましたが、5月20日に「ios9.3.2」は一度配信が停止になりました。

おそらくですが、iPadProなどで「error56」といわれる「文鎮化」といわれる現象が発生したための配信停止だと思われます。(文鎮化の説明は下記で)

その後、再公開し6月3日から再度「ios9.3.2」へアップデートできるようになっています。

しかし、まだまだ不具合が発生している人は多いようなので不具合をまとめてみました。

 

この問題は依然として修正されていないようです。

Wi-Fi接続が切れるというのは結構致命的な不具合です。

また最新の「ios9.3.2」へアップデートしたところ改善したという内容もあるようですね。

基本的に大きな不具合としてはWi-Fi接続が切れてしまうという問題が一番大きい問題のようですね。

また、ほとんどの方はまったく問題なく使用できているという方も多くみられます。

ただ、不具合が起きている人は困っていると思うので、アップデート後不具合が起きた場合の対処法も紹介しておきます。

スポンサーリンク


 

iPhoneやiPadの「文鎮化」って何??

 

最近よく使われている「文鎮化」って言葉ですが、初めて見たときにはどんな意味なのかさっぱり分かりませんでした。

あまり解説もなかったのでわけわかんないと素直に思いました。

で、「文鎮化」というのは、簡単に説明すると

OSを搭載しているスマホ(iPhoneやiPad、もしくはAndroidスマホなど)のOSが壊れて起動しなくなる

というものになります。

 

ios9.3.2でもし不具合が起こってしまった時の対処法

 

  1. 電源を切ってみる

    基本的に問題が起こってしまったら電源を一度きってみましょう。
    そうすることで解決する可能性があります。

    iPhoneの電源をきるには横にあるスリープボタンを長押しし、画面が変わったら「スライドで電源オフ」の部分をスライドするだけでOKです。


  2. 再起動してみる

    iPhoneの再起動方法は非常に簡単です。

    ホームボタンと右横にあるスリープボタンを同時に長押しすれば再起動が可能です。

    【重要】iPhone6がフリーズした時の再起動方法と対処法

  3. 機内モードの「オン」「オフ」を切り替えてみる

    Wi-Fi接続がきれてしまった場合などには、一番最初に試してもらいたい対処法です。

    また、いきなり圏外になってしまった場合もこの方法を試してみてください。


  4. アプリが起動しない場合は一度アンインストールして再インストールする

    この場合は、データなどをしっかり保存しているのであれば試してみても大丈夫かと思います。
    しかし、あくまで自己責任でお願いします。


  5. iPhoneやiPadが起動しない、再起動を繰り返す、突然電源が落ちる場合

    この場合は、普段からバックアップをとっている方のみできる対処法ですが
    「DUFモード」で強制初期化をおこないバックアップで復元するという方法がいいかと思います。

    「DUFモード」の方法

 

アップルがios9.3.2を再公開!!起こっている不具合まとめ 文鎮化って何!?【まとめ】

ios9.3.2で起こっている不具合(個人差があり、もちろん不具合が出ていない方も多くいます)

  • Wi-Fi接続がきれてしまう

  • webで検索ができない(ホーム画面で下へスライドさせるとでてくるやつ)

  • アプリが起動しない

  • 不具合が出てしまった場合は対処法を試してみる(なおる可能性はあると思います)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ