iPhoneで手書きメモをデータ化できるノートと無料アプリ

  どもテラです。

今回は、メモはやっぱりアナログ派だというあなたにデータ化できるおすすめのノートと無料アプリを紹介していこうと思います。

テラ自身も、iPhoneでメモをとるときはありますが、やはり記憶に残りにくいというデメリットがあるため、できるだけノートに書きその後データとしてiPhoneにいれておきいつでもiPhoneで確認できる状態にしておくとすごく便利ですし、ノートを忘れた時でも助かります。

なので、データ化できるノートを知っているけど使ったことがないという方、知らなかったという方へ今回使いやすいデータ化できるノートを紹介していきます。 そのほかには、最新のデータ化できるノートもご紹介していきますのでお楽しみに♪

スポンサーリンク


iPhoneで手書きしたメモなどをデータ化する

先ほども言いましたが、最近では、基本的にスマホ(iPhoneなど)で多くのことができるようになった昨今では、すべて記録ごとはスマホ、タブレット、PCだという方もかなり多いのではないでしょうか?

しかし、スマホに記録しておいたからといってすべて覚えているわけではなく、忘れていたということもあるのではないでしょうか?やはり、手書きに勝ることはないわけで、ちょっとしたことなどであればだいじょうぶかもしれませんが、筆圧を感じ、手書きで覚えていきたいものなどは記録していったほうが頭のなかに残ります。勉強していることなどはノートに書くのが一番だとお思います。

そこで、今回紹介していきいきたいのが、データ化を可能にしてくれるノートと、その専用アプリです。

データ化できる、ノートの定番といえば《SHOT NOTE》があります。ショットノートは、データ化対応ノートで最初に発売されたものでテラ自身も愛用させてもらっています。 そのほかには、《CamiApp》と《スマレコノート》というものがあり、最近は非常にデータ化できるノートがふえてきました。

今日は、定番のショットノートとキャミアップのノートと最新のデジタルノート紹介していきます。

データ化できるメリットは、手書きで書いてスマホや、タブレット、PCですぐに確認できるというものですが、ほとんどがエバーノートと連携できるようになっているのでエバーノートを使えば整理しやすく、保存先を分けられるのでさらに便利になると思います。

 

スポンサーリンク


データ化ノートの紹介

《SHOT NOTE》

メモなどに適したサイズのショットノート

勉強に適したショットノート

《Cami App》

通常のノート

最新デジタルノート《Cami App s》

これは、僕自身使用したことはありませんが、デジタルノート本体にメモパッドを貼り付けられており、専用ペンで書き込み、セーブをチェックするとすぐにデータ化してくれる最新デジタルノートです。

実体験できる場所はコチラ

Cami App sの紹介動画もありますので気になる方は是非確認してみてください♪

 

今回は、ノートを中心に紹介しましたが、ほかにもデータ化できるアイテムは様々な種類がでていますので次回はさらに紹介していこうと思います^^

まとめ

・データ化することでいつでもどこでもiPhoneで確認できるようになる

・エバーノートと連携できてさらに便利になる

・手書きでメモすることにより記憶に残りやすくなる

以上が【iPhoneで手書きメモをデータ化できるノートと無料アプリ】でした。

お役に立てたら幸いです。

 

スポンサーリンク

One Response to “iPhoneで手書きメモをデータ化できるノートと無料アプリ”

  1. […] れませんが、筆圧を感じ、手書きで覚えていきたいものなどは記録していったほうが頭のなかに残ります。 [紹介元] iPhoneで手書きメモをデータ化できるノートと無料アプリ | Apple Labo […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ