【iPhone6s】カメラアプリの変わったすごい機能・性能まとめてみた

どもテラです。

本日は《【iPhone6s】カメラアプリの変わったすごい機能・性能まとめてみた》と題してみなさんにiPhone6s/6splusのカメラアプリについてすごさをわかりやすく紹介していこうかなと思います。

iPhone6sで大きく変わった部分の1つでもあるカメラアプリですが実際使わないとイメージが湧きにくいと思うかたもいるかもしれません。

なので、今回はiPhone6sのカメラのすごさに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク


iPhone6sのカメラアプリのすごく変わったところって?

 

カメラアプリですごく変わったところはというと、素人でもすごさがわかりやすい《解像度》というやつです。

解像度はようは、画素数ですね。

全モデルであるiPhone6はメインカメラで800万画素でした。インカメラは、たった120万画素でした。しかし、iPhone6sからは、メインカメラは800万画素になり、インカメラは500万画素へと進化しました。

この部分が大きく変わった1つです。

そして、動画撮影は4Kビデオに対応するようになりました。(撮影した動画が綺麗なこと!!)

iPhone6sで撮影された動画がコチラ

いかがですか?めちゃくちゃきれいですよね^^

しかも、プロのカメラマンの方が30万円以上もするカメラと比較しても驚くべきことにiPhone6sのカメラの方が綺麗だと言っているみたいですね。

ニコンのカメラとiPhone6sを比較した動画がコチラ

 

恐るべしiPhone6s/6s plusですねw

ただ、もし今後iPhone6sを購入予定だというかたでカメラを使う機会が多いというかたはiPhone6splusの方がいいかもしれません。

それは、手ぶれ補正が付いているからです。残念ながらiPhone6sにはついていないのでカメラをよく使うという方は《iPhone6s plus》にしましょう。

では、次に行きましょう。

 

1枚5円で写真を現像したいならネットプリントジャパン へ♪

 

写真が動く Live Photos

この《Live Photos》は、写真撮影時に3秒間の動画と音声を保存できるカメラ機能になります。

シャッターを押した前後1.5秒間(合計3秒間)の動画と音声を保存できます。

 

スポンサーリンク


インカメラでフラッシュ撮影可能になった その他の機能

 

ここも大きく変わった部分になるのではないでしょうか?

今までは、メインカメラでしかフラッシュ機能を使用することができませんでしたが、iPhone6sからはインカメラでもフラッシュ機能を利用することが可能になりました。

これってかなり便利ですよね。

その他には、カメラのセンサーや内部の画像処理性能も向上しており、今までよりクリアで美しい写真が簡単に綺麗に撮影できるようになったのでますます頼もしい手放せないカメラとなっています^^

撮影モード

・写真
・スクエア
・パノラマ
・ビデオ
・スロー
・タイムラプス

の6種類です。

画面を左右にスワイプして切り替えることも可能です。

撮影中は、画面をタップすることで、フォーカスや露出が自動で調整され、ピンチイン/アウトでズーム機能も利用可能です。

先ほどもいいましたが、iPhone6s plusでは、光学式の手ぶれ補正機能が搭載されており、手で持っての撮影でもプロのような手振れのない写真や動画を撮影することが残せます。

是非、iPhone6sを持っている人は活用してみてはいかがでしょうか?
まだ持ってないという方は、購入を考えてみてはどうでしょうか?

本日は以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ