iPhoneユーザー同士で超簡単に写真やデータ交換できる便利ワザ|AirDropを使ってみよう

どもテラです。

本日は【iPhoneユーザー同士で超簡単に写真やデータを交換できる便利ワザ】とだいしてみなさんに紹介していこうと思います。

今回使う機能は、iPhoneヘビーユーザーの方なら知っているとは思うのですが、まだまだiPhoneを使い始めた場合の人ってよくわからない機能って多いと思います。

その1つが、今回紹介する【AirDrop】という機能です。

AirDropは、iPhoneやiPad同士でデータ(写真など)を簡単にやり取りすることが可能になる便利な機能になります。

スポンサーリンク


iPhoneユーザー同士でデータを簡単にやり取りできる【 AirDrop 】

今回紹介するのは【AirDrop】という機能です。

AirDropって聞いたことあったりiPhoneで見たことはあったけど「何に使うんだ?」とおもっている方も多いのではないでしょうか?

もしくは、AirDropは知っているけど使い方がわからないと思っている方も多いはず。

 

そもそもAirDropとは?

iOSの標準機能で【AirDrop】を使うことで、近くにあるiPhoneやiPadと簡単にデータをやり取りできる機能です。AirDropを使用するには送る側、受ける側の両方のデバイス(端末)が近くにあって、それぞれがWiFiに接続され、Bluetoothがオンになっていることが条件です。

 

 

少し前までは、MacとiPhoneではAirDropを使用することはできなかったのですが、最近はMacとiPhoneやiPadでもAirDropでデータをやり取りすることが可能になりました。

しかも、MacBook AirとiPhoneで写真をやり取りしてみたのですが、1秒で交換完了しました。使いこなせることができれば非常に便利です♪

 

スポンサーリンク


iPhoneユーザー同士データを簡単にやり取りできる【AirDrop】使い方

 

受ける側でAirDropの接続設定しておこう

1 コントロールセンターを開きましょう。

iPhoneユーザー同士で超簡単に写真やデータ交換できる便利ワザ|AirDropを使ってみよう

一番下から上にスワイプすればコントロールセンターが開きます。

 

2 AirDropをタップ

オフにしたり、連絡先のみ、すべての人を選んでおく。あまりわからなければ《すべての人》を選んでおく

 

3 送りたいデータを選ぶ

iPhoneユーザー同士で超簡単に写真やデータ交換できる便利ワザ|AirDropを使ってみよう

写真を送りたい場合は、送りたい写真を選びましょう

 

4 AirDropでデータを送る

iPhoneユーザー同士で超簡単に写真やデータ交換できる便利ワザ|AirDropを使ってみよう iPhoneユーザー同士で超簡単に写真やデータ交換できる便利ワザ|AirDropを使ってみよう

選択した写真の左下にあるアクションボタンをタップ
するとAirDropの場所に相手の名前が表示されるので《名前》をタップすれば送信することができる

注意する点は、お互いAirDropを開いていなければならないことです。

また写真以外にも、もちろん動画をやり取りすることも可能ですよ^^

 

動画のやり取りの場合

数秒程度の動画であれば写真同様1秒程度でやり取り可能です。また、10分程度の動画でも1分ほどでやり取り可能です。(WiFi環境によって早い場合もありますし、時間がかかることもあります)

 

以上がAirDropでデータを送る方法です。

もしわからなければ、コメント欄に書き込んでいただければ確認次第返信します。もしくは、問い合わせからお願いします^^

iPhoneでデータを簡単にやり取りできる【 AirDrop 】まとめ

AirDropを使えば

・iPhone同士やiPad、Macなどと簡単に素早くデータをやり取りできる

・写真であればものの1秒ほどでデータをやり取りできる

・複数の写真もやり取りできる

・動画も簡単にやり取り可能

以上が【iPhoneユーザー同士で超簡単に写真やデータ交換できる便利ワザ|AirDropを使ってみよう】でした。

いかがだったでしょうか?

少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ