2016WWDCで発表された新OS「MacOSシエラ」機能まとめ

米国時間の6月13日、アップルの世界開発者会議である「WWDC2016」が開催されました。

keynoteでは、ティムクックCEOなどがアップルのこれからの未来を話しました。

そこで注目されたのが4つのOSで「MacOS」「WatchOS」「tvOS」「ios」です。

今回は、MacOSをメインに紹介していきます。

今回WWDCで発表されたOSたちは今秋リリース予定で今からどんな機能が追加されどんなふうに新しくなるのかチェックしておきましょう^^

スポンサーリンク


OSXは終了しMacOSと名前を変えバージョン10.12は「MacOSシエラ《Sierra》

スクリーンショット (913)

 

15年間続いたOSXは終了しこれからは「MacOS」という名前に変更。

OSXからMacOSに代わっても恒例のコードネームをつけるルールは変わらず次なるコードネームは

カルフォルニアにちなんだ地名で「MacOS シエラ《Sierra》」シエルネバダ山脈の名からとられました。

そして名前の次に気になるのがやはり機能ですよね。

今回のMacOSは「3つのユーザー体験」がテーマと言われています。

スポンサーリンク


 

MacOSシエラから始まる3つのユーザー体験

新しいSkitchファイル 新しいSkitchファイル2

MacOSシエラは3つのユーザー体験にフォーカスされます。

1つ目が「連携」

2つ目が「アイクラウド」

3つ目が「基本性能」です。

新しいSkitchファイル3 新しいSkitchファイル4 新しいSkitchファイル5

 

1つ目の「連携」

複数のデバイス間での作業をシームレスにつなぐため、MacOSシエラでは1つの作業で多くのことができるようになります。

その1つが「自動アンロック」が搭載されるということです。

新しいSkitchファイル6

わかりやすく言えば、Macに近づいたら自動でロックを解除してくれるという素晴らしい機能です。パスワードの面倒な入力を省いてくれ盗み見られるリスクも減らしてくれます。(Applewatch必須)

そして2つめが「デバイス間でのコピー&ペースト」が可能になります。

新しいSkitchファイル7

デバイス間【iPhoneとMac】をまたいでコピー&ペーストが可能になります。

 

2つ目の「アイクラウド」

新しいSkitchファイル8

アイクラウドの新機能は、「あなたの書類フォルダとデスクトップにどこからでもアクセスできるようになる」といいます。

他社のサービスと差がないのが現状でしたが、シエラからさらに期待できるサービスとなるようです。

 

3つ目の「基本性能」

新しいSkitchファイル9 新しいSkitchファイル10

要らないファイルをすててくれるうれしい機能

新機能の「Optimized Storage」は、ディスク内のデータを1つ1つ不要かどうか人が判断するのは難しいときなどに役立ってくれる機能です。

実際Macを利用している人であればうれしいのではないでしょうか。

要らないファイルを捨ててくれるということは、空き容量も増やしてくれるということでもあります。

 

ほかには、Macでもアップルペイがwebサイト経由の決済で利用できるようになります。

アップルペイは、数か月以内にアップルペイが利用可能なエリアが6か国から9か国に増やすといっています。

そのほかの新機能を知りたい場合

MacOSシエラをもっと詳しく

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ